建設・不動産

建設・不動産の転職なら、LHH転職エージェント。各職種に精通したコンサルタントがあなたの転職を徹底サポートします。

建設コンサルタント、建築・土木技術開発、電気設備・空調施工管理や不動産開発・投資職をはじめとした方々に、豊富な経験と知見を元に、長期キャリアを見据えた転職をサポートします。

建設・不動産の転職市場

2011年3月の東日本大震災の影響により、復興関連事業で建設投資額が大幅に増加。その結果、建設資材の高騰化や人手不足が深刻化し、 建設業界を取り巻く「ヒト・モノ・カネ」の状況は大きく変化しました。また、震災後に2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定、リニア中央新幹線の計画、訪日外国人観光客増加による都心開発などが進み、建設業界の人手不足問題に更なる拍車がかかりました。
また、不動産業界については少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少によって物件の購買意欲が下がることが予想されていた一方で、2019年10月の消費税引き上げにより一時的に需要が高まったことで、各企業も「人材の確保」に注力する状況になりました。現在は最盛期ほどではありませんが、特に海外の投資家による物件の売買や販売、購入の勢いは止まらず、引き続き不動産業界の転職市場は盛んであるといえます。

先述のとおり、建設不動産業は慢性的な人手不足が続いている状況から、企業側は世代や年齢問わず「即戦力」を重視した採用傾向があります。特に建設ですと「1級建築施工管理技士」「2級電気工事施工管理技士」等の資格、不動産の場合「宅地建物取引士」「不動産コンサルティング技能士」などの資格を所持していると大きなアドバンテージとなり、書類選考から面接までの動きが非常にスムーズです。経験者を重視する一方で、最近は不動産の営業職や販売職で求職者の「やる気」や「ポテンシャル」を重視した採用も一部見られるので、第二新卒や未経験の方にとっても大きいチャンスとなってきています。

世間一般的に建設不動産業界は「労働環境が良くない」と思われがちですが、最近では待遇・就労環境の改善を進めている企業も多くワークライフバランスやキャリアアップを求める方にとって徐々に良くなってきている状況です。

 

LHH転職エージェントご利用の流れ

Step1 登録 Step2 カウンセリング Step3 求人紹介などの情報提供 Step4 応募企業の選定 Step5 応募 Step6 選考・面接 Step7 内定・入社

ご登録後は職務経歴と希望条件に合致する仕事が見つかり次第、LHH転職エージェントよりカウンセリングのご連絡をします。カウンセリングでは、ご紹介する求人について詳しい説明や、キャリアについてのアドバイスなどを行います。

登録から内定・入社までの流れ

転職ケース

Case1下請けから自社物件の工事に携われる立場への転職

中堅ゼネコン勤務歴の長い30代男性。1級建築施工管理を取得し家族も増えたことで勤務環境改善と年収UPのために「発注者側」へのご転職希望が叶いました。自社物件のファシリティーマネージャーとして、工事をコントロールする立場になり、業務の幅が広がり残業は月20時間ほど削減することに成功しました。

Case2海外事業にも携われる大手ゼネコンへのキャリアアップ転職を希望

新卒から入社した建設業界で、新築及び改修工事の施工管理を担当していた30代の男性が、オリンピック以降も途絶えぬ需要もあり、中長期的に事業を多角化・グローバル化する動きも活発化しているゼネコン業界に転職を決められた事例があります。その方は将来にわたるキャリア形成を考えた時に、今の安定したポジションよりも生涯の仕事として公共事業や国家プロジェクトといった国土発展の基礎となる仕事にかかわることを希望し、転職にチャレンジされました。

成功事例

39歳男性(大学卒で1級建築施工管理技士等を所持)
施工管理(改修及びS造RC造の新築)
年収650

木造の施工管理をしたいため。

施工管理(木造の新築)
年収700
年収
50
Up

木造の経験がないため半ば転職を諦めていたが、希望条件に合う企業が見つかり無事転職!

27歳男性(大学卒で宅地建物取引士を所持)
売買仲介(地元密着型企業、フルコミッション)
年収410

フルコミッション制で収入の波が激しく、大手で安定して働きたい。

売買仲介(大手不動産企業)
年収460
年収
50
Up

大手グループの不動産会社にて、新規部門の立ち上げとして活躍。

61歳男性(高校卒で一級建築士等を所持)
プラントの施工管理
年収630

年収を下げずに、70歳まで働き続けたい。

プラントの施工管理
年収630
精神満足度
Up

応募企業1社で大手財閥系企業に即戦力として入社。

40歳男性(大学中退で2級電気工事施工管理技士等を所持)
サブコンにて電気工事施工管理職
年収525

部署解体に伴い、違う部署へ異動辞令が出たため。

セキュリティシステムの施工管理職
年収650
年収
125
Up

サブコンから事業会社での施工管理職へ転職。

給与調査(平均年収)

建築設備系 627万円
不動産系 654万円

※掲載しているデータは当社データベース(2019年1月~12月)をもとに調査したものです。

よくある質問

  • A.LHH転職エージェントは、スイスに本社を構える世界最大級の総合人材サービス企業であるAdecco Group(アデコグループ)の転職支援サービスです。Adecco Group(アデコグループ)は、人材サービスのグローバルリーダーとして、世界60の国と地域において、実績と信頼を培ってきました。

    LHH転職エージェントのコンサルタントは職種別の担当制となっており、そこから産業・業界ごとのチームに細分化する体制をとっています。コンサルタントは各専門領域に精通しているため、あなたの“価値”を正確に把握することができます。また、あなたの希望する職種・業界に対する深い見識も備えているためベストマッチな求人をご提案することが可能です。
  • A.はい、転職希望者の方はすべての転職支援サービスを無料でご利用いただけます。
    LHH転職エージェントは、採用が成立した際にその企業から成功報酬を受け取る仕組みとなっています。 ご利用者様は、ご登録から転職に至るまで費用は一切かかりません。
  • A.はい、休日もご利用いただけます。
    LHH転職エージェントでは、平日は9:00~20:00にて承っておりますが、在職中の方など、平日でのお時間の確保が難しい方にもご利用いただけるよう、土曜、日曜日での面談も実施しています。お気軽にご相談ください。
  • A.はい、ご相談いただけます。
    みなさまのご都合や安全に配慮し、電話・メール・Webツールなどを利用した遠隔でのサポート体制を整えております。遠方でご来社が難しい方や外出に不安を感じる方でも、安心してご利用いただけるように心がけております。
  • A.はい、交渉できます。
    面談を通じて知り得たあなたの経験、入社後のビジョンなどの情報をもとに、個人ではなかなか切り出しにくい給与条件の交渉も、LHH転職エージェントが間に入ることでスムーズに進みます。職務はもとより、給与面でも納得感のある転職を実現できるようお手伝いします。

職種・サービス別特集 に戻る

専門性と洞察力に優れたLHHのコンサルタントが
あなたと企業のベストマッチを創ります

武将診断
LINEで理想のお仕事診断